貴重なものが多い場合に、どんな引越会社を選ぶべきか?注意したい点5つ

引っ越し中に荷物が破損した場合は補償が適用されるということですが、紛失については補償が適用されないケースも多くなっています。

引っ越し後になくなった荷物があったことを証明することは難しいですし、補償は荷物の破損に対してしか適用されないということを知っておきましょう。

保険に入るという方法もありますが、まずは業者の補償内容などをしっかりチェックすることが1つ目の注意点です。

実際に引っ越しの前後で荷物が無くなっているのに業者が補償できないと言ってきた場合、盗難を疑う必要があります。

破損ならば業者側の過失なのですが、盗難の疑いがある物については補償できないということです。

ちなみに、引っ越し業者によっては補償内容が紛失までとなっていることもあります。

しかし、紛失までカバーしているのは大手の業者のみだということに注意しましょう。

契約をする時には補償内容の確認を行うことはもちろん、契約書もしっかりとチェックすることが注意点です。

補償内容については業者にしっかり確認することがポイントですし、分からないことや疑問点についてはしっかり聞いておきましょう。

あまり細かく対応してくれない業者には注意が必要です。

もちろん貴重品が多い場合は紛失をしないことが大切であり、しっかりと管理を行うようにしましょう。

また、貴重な荷物は引っ越し業者がいる間に状態を確認することも注意点であり、業者に頼り過ぎないことが大切です。

 





引越完了後について

まとめ

貴重品が多い場合は紛失をしないことが大切であり、しっかりと管理を行うこと!!