引っ越すことになった際の、ざっくりした流れを5段階でまとめてみると

引っ越しの段取りを簡単に説明すると、

1、新居の選定。
2、旧居の退去手続き。
3、荷物をまとめて運ぶ。
4、住民票の移動などの行政手続き。
5、新しい家の入居手続き。

以上が大まかな流れになります。

引っ越しに際し、新居の設定が最初に必要になります。
必要な手続きはほぼ不動産会社が指示してくれるので、あまり気にする事はありません。
その際に、現在の家を借りた際の不動産会社にも連絡を入れておきましょう。
会社にもよりますが、退去の2ヶ月前までに連絡を入れておけば安心です。
その際に退去費用の確認もしておけば、余計な手間もかからないです。
ガス、水道、電気の各会社に転居時期を伝えておくことも忘れずに。

次に荷物をまとめるのですが、引っ越し会社によって梱包方法も変わってきます。
タンスをそのまま運んでくれたり梱包用段ボールを頂けたり、
費用以外にも比較検討できる内容が多いので、よく考えて業者を選定しましょう。
業者を選べば、あとは荷物を運ぶタイミングです。
マンションの場合、点検等の理由でエレベータが使用できない時間帯があったりもしますので、
新居の管理会社に事前に問い合わせしておくとスムーズです。

引っ越し先が今の住居と離れている時は住民票の移し替え等が面倒になってしまうので、
その確認も必要です。市役所では14日前から転出届けを受け付けているので、
事前に届けておきましょう。また、国民健康保険に加入されている方は、その手続きも同じタイミングでしておきましょう。
入居手続きでは、ガス会社のみ設置に立ち会いが必要になるので、事前に設置日時の確認をしておきましょう。

 





引越完了後について

まとめ

ざっくりした流れを5段階で解説してみました!!